河合ゆうすけは金持ち?収入源はYouTubeと会社経営!年収は?
Pocket

2021年3月に千葉県知事選挙で話題になった河合ゆうすけ(悠祐)さんが6月に東京都葛飾区の都議選に立候補することが分かりました。

また、6月の都議選に落選した場合、11月の葛飾区議会にも出馬をすると公言されています。

千葉県知事選での供託金は300万円。

都道府県議会への出馬には供託金60万円とされています。

個人的には60万円だけでも十分大金だと思いますが、河合ゆうすけさんは金持ちなのでしょうか?

また収入源はYouTubeや会社経営だと思われますが他にはあるのでしょうか?

さらに収入額についても調べてみましたので最後までお楽しみください!

河合ゆうすけは金持ち?

結論としては金持ちに分類されます。

2020年3月頃のYouTubeトップ画には預金残高が写されており、1,700万前後で記載されていました。

私も当時見ていたと思いますが、動画内容の詳細は覚えていないです。(見ていたのは本当にたまたまでした。。)

また現在削除されているため見ることは出来ませんでした。

もしかしたら通帳の続きがあったかもしれませんが、ひとまずはこの画像を基準に考えたいと思います。

河合ゆうすけさんは現在40歳でご結婚されてるという情報はありません。

日本人40代の単身世帯平均貯蓄額
金融資産非保有の場合:653万円
金融資産保有の場合 :1066万円
(マイナビニュースより)

上記平均貯蓄額より貯蓄額は多いので金持ちに分類されると思います。

また、金融資産に変えていた場合、総資産でいうともっと多いと考えられるのでやはり金持ちなんだと私は思います。

ちなみに2021年5月10日に実施された下記の会見で、自己資金でやっていけるのは知事選に最低10回出馬するくらいと仰っていました。

知事選1回で300万で10回なので現状の貯蓄額は3000万以上と推察されます。

とはいえ今後戦っていくためには3000万では確実に足らないため、動画内でも支援を呼び掛けているシーンがありました。

見た目ややることが奇抜なため泡沫候補とされていますが、ここから多くの有権者の支持を集めて当選することに対してどことなく自信がある会見に私には見えました。

河合ゆうすけの収入源と年収は?

出典元:YouTube

はっきりとした年収は公表されていません。

公になってる情報で収入源となりうるのはのはYouTube・会社経営だと思われます。

過去に芸人としても活動されていましたが、現在収入はないと思われます。

後藤輝樹さんとキングオブコントに出ると公言されていましたので、今後は芸人としての収入も増えるかもしれません。

では、YouTubeと会社経営の年収はいくらくらいなのでしょうか?

YouTubeの収入

動画に表示される広告の収入だけで考えると、一般YouTuberで1再生あたりの平均単価は0.05~0.1円と言われています。

※表示される広告の種類によって単価の増減はあります。

ちなみに大手事務所のUUUM所属YouTuberの平均単価は0.26~0.3円。(参考:プレジデントオンライン)

では河合ゆうすけさんのチャンネルで一番再生回数が多い動画を見てみましょう。

こちらの再生数は約9万5千(2021年5月現在)再生です。

広告単価が0.1円だと考えるとこれで9,500円の収益となります。

全動画合わせても35000円~40000円くらいの収入なのではないかと私は予想してます。

もちろん広告にも種類はありますし、他にもライブによる投げ銭や企業案件など収益を出す方法はあるのでこれだけでは何とも言えません。

しかし、広告収入だけで考えると300万円かけても割に合わない収入なのではないでしょうか。

ただ、前回の千葉県知事選に関してはご本人も知名度を上げるためと認めておられるので、今後の活動によって回収出来る算段があるのだと感じました。

会社経営での収入

出典元:株式会社River Junction HP

河合ゆうすけ(HP表記は河合悠祐)さんは株式会社River Junctionという会社の代表取締役をされています。

資本金2350万円です。

平成29年度の国税庁調査によると、資本金2000万~5000万未満の会社役員の平均年収は842万円です。(参照:THE OWNER)

そのため河合さんは会社経営によって1000万円ちかくは年収があると思われます。

結果として恐らく会社からの収益が大きな収入源となっていると思われます。

今後、自己資金で政治活動を続けるうえで限界がくるというのはご本人もわかっているようで、援助者の呼びかけも行っています。

新党も結成した河合ゆうすけさん。このまま泡沫者として扱われ続けるか、政治に新しい風となるのでしょうか。