GACKTの病名はてんかんだった?持病の神経系疾患についても調査!
Pocket

2023年1月1日恒例の人気番組である「格付けチェック」に2年ぶりにGACKTさんが復帰されます。

2021年9月8日からGACKTさんのオフィシャルサイトにて無期限の活動休止を発表されました。

体調が悪いということから療養を経ての復帰ですが、GACKTさんの病気はどのようなものだったのでしょうか?

そこで今回は、

・GACKTの病名はてんかんだった?
・GACKTの持病の神経系疾患も調査!

をお伝えしていきます!

最後までお楽しみください。




GACKTの病名はてんかんだった?

2021年9月8日から体調不良により無期限の活動休止を発表したGACKTさん。

正式な病名の発表はありませんでしたが、一部では「てんかん」なのではないかと噂されています。

ちなみにGACKTさんの活動休止の理由は下記のように報道されています。

体調不良が心配されていた歌手のGACKT(48)が、持病の神経系疾患が悪化して一時重篤だったことが7日、分かった。

引用元:中日スポーツ

GACKTさんの当時の症状は下記のようにいわれています。

・自己免疫の以上による免疫低下に伴う肝機能障害ならびに呼吸機能低下
・免疫低下による全身皮膚炎および脱毛症
・上記に伴う発熱および疼痛、並びに声帯機能低下

では噂されている「てんかん」とはどのような病気で症状はどのようなものが出るのでしょうか?

「てんかん」とは?
てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの「てんかん発作」を繰り返し起こす病気ですが、その原因や症状は人により様々で、乳幼児から高齢者までどの年齢層でも発病する可能性があり、患者数も100人に1人と、誰もがかかる可能性のあるありふれた病気のひとつです。

引用元:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」

てんかんの症状は?
ひきつけ、けいれん、ぼーっとする、ピクつき、意識を失ったまま動き回る(自動症)、視覚障害、感覚障害、腹部違和感、精神症状などさまざまであり、大脳の神経細胞のどの範囲に過剰興奮が起きているかによって多彩な症状が現れます。

引用元:徳洲会グループ

正直素人ではわからないことだらけですが、てんかんの症状の一つに意識を失うというものがあります。

それが一時危篤状態のことを指すのかは不明ですが、意識が戻ってこない状態が長いと危篤状態と判断される可能性もあるかもしれないと私は考えています。

その後の発生障害については「てんかん」と結び付けられる情報は現時点ではみつかっていません。

またGACKTさんの症状と照らし合わせても「てんかん」の症状と該当しているところが少ないように感じます。

しかし、神経系疾患には音声障害を発生させるケースもあるようですし、複数の病気が合わさってる可能性もあるため、「てんかん」では絶対にないとも言い切れませんね。

追加情報
2023年1月1日出演の「格付けチェック」にて「危篤状態」と報道されたことについては原因不明の病だったと明かされています。

GACKTの持病の神経系疾患も調査!

GACKTさんは実は幼少の頃より体が弱く、入退院を繰り返していたのだそうです。

その持病というのが神経系疾患だったといわれています。

「てんかん」も神経系疾患の一つとされていることから活動休止の原因として有力視されていたのではと思います。

幼少期から発症する可能性のある代表的な神経系疾患は下記です。

・てんかん
・睡眠障害
・行動異常
・不随意運動
・重症筋無力症

GACKTさんの持病はこのどれかに該当するのでしょうか?

具体的な公表が今後があるかは不明です。

ここまで大きなニュースになっても病名が公表されていないということは、GACKTさん側でも公表しないようにと言われている可能性も考えられます。

今回はあくまで憶測にしか過ぎませんが、今後もしGACKTさんが病気に関することで公にされることがあれば追記していきます。