【2022年】YuoTuberヒカルの年収は10億!総資産もすごい!
Pocket

 

メインチャンネルの登録者数が412万人(2022年9月現在)の人気YouTuberヒカルさん。

ヒカルさんは金持ちYouTuberとしても有名ですが、YouTube以外にも複数の事業を展開しており、2021年に青汁王子こと三崎優太さんとの対談時にも収入について聞かれてる場面がありました。

ではすべての収入を合算するとどれくらいの年収になるのでしょうか?

そこで今回は、

・ヒカルの年収と収入源
・ヒカルの総資産

をお伝えしていきます!

最後までお楽しみください。

ヒカルの年収は10億円!?

ヒカルさんは2021年に自身のツイキャスで年収について質問された際、10億円前後と回答されていました。

リスナーからの質問を読み上げていくなか「年収」について聞かれたヒカルは「YouTubeだけやったら、企業案件とか広告収益を合わせて、大体10億前後やな。どんだけ低くても7億とかはあると思う」と、答える。

引用元:スポニチ

しかもこれはYouTubeだけでの収入というから驚きです。

冒頭でもふれた通り、ヒカルさんはYouTube以外にも複数の事業展開をされています。

つまりYouTubeでの年収が10億なのであれば、その他の事業からの収入も含めるとそれ以上の年収をもらってることになります。

それでは実際に全部でいくらくらいもらってるのでしょうか?収入源も含めてみていきます。

ヒカルの収入源は5つ!

2021年の三崎優太さんとの対談でヒカルさんの主な収入源は5つだと公表されています。

出典元:YouTube
ヒカルの主な収入源

・YouTube
・脱毛サロン「ReJehanne」
・アパレル「ReZARD」
・ヘッドスパ「ReDoffy」
・買取事業「ヒカルの買取鑑定団」

2022年9月時点では特に他事業が追加された情報は見当たらなかったので変わりないと考えています。

それではそれぞれの事業でどれくらいの年収があるのでしょうか?

ヒカルの収入源①YouTube

まずは年収7億~10億円とされるYouTubeですが、2022年7月に投稿された動画で月収が500万ということがわかります。

この動画は寝起きのヒカルさんに「月収すべて使い切ってください」とスタッフの方々がお願いするところから始まり、ヒカルさんが本当に月収をおろしにいくところも動画で撮影されています。

この時「毎月もらってる給料は500万円です」と仰っているので間違いはないと思われます。

出典:YouTube

つまり上記を参考にするとヒカルさんの年収は、

500万×12=6000万

ということになります。

そうなるとツイキャスでの年収7億~10億円というのは本当なのか?という疑問が出てきます。

しかし、下記を見るとヒカルさんの発言に間違いがなさそうというのがわかります。

引用元:YouTuber世論調査

ヒカルさんはYouTubeチャンネルを3つ運営されています。

その3つの累計収入が12億となるようです。

もちろん推定値なので実際のところはご本人しかわかりませんが、このことから考えるとヒカルさんの年収に対する回答は、自身の懐に入る収入というよりYouTube全体の収益について回答されたものと思われます。

ここから必要経費を引いていくと自身の年収は10億以下になることは必然と考えられます。

 

ヒカルの収入源②脱毛サロン「ReJehanne」

2020年12月1号店をオープンした脱毛サロン「ReJehanne」(リジェンヌ)。

現在(2022年9月時点)では全国に5店舗展開されています。

池袋店のオープンから20日くらい経ったときに売上見込みとして1か月2億近いと自身のYouTubeチャンネルで語っています。

出典元:YouTube

チャンネル内でも語られていますが、脱毛サロンで1か月2億の売上はあり得ないらしく、本来は3000万円いけばいいほうとのことです。

ヒカルさん効果とオープン1か月ということもあり上記金額となったと思われるので、現時点での売り上げは本来の脱毛サロンとしての売上くらいにはなっているものと考えられます。

現在(2022年9月時点)での売上については、語られる場面が見当たりませんでしたのでわかりません。

一般的に脱毛を含んだエステサロンの利益率は売上の30%ほどと言われています。

現在の月の売上を一般的な脱毛サロンの最大値である3000万円と仮定して計算してみます。

3000万×30%=900万円(1店舗あたりの月商)

900万×5店舗=4500万円(5店舗合計の月商)

実際はすべての店舗で最大売上というのはあり得ないと思いますが参考にする数値が少なかったので上記計算です。

ここから必要経費などを引くとヒカルさんの手元に入るお金はYouTubeより必然的に少なくなると思われます。

ヒカルの収入源③アパレル「ReZARD」

2019年11月に創業したアパレルブランド「ReZARD」。

2021年の三崎優太さんとの対談動画でも収益がYouTubeを超え年商25億と仰っていました。

アパレルブランドの利益率は20~30%が一般的と言われていますが、ヒカルさんの場合、広告宣伝費は自身で賄えるとのことで実際の利益はもっと上だと考えられます。

実際、販売サイトでモデルをヒカルさん自身も行っています。

出典元:ReZARD HP

一般的な利益率で収益を計算をしてみます。

25億×30%=7.5億円

ここから必要経費が削られますが、先ほどお伝えしたように広告宣伝費はほとんどかからないため浮いた分実際の手取りにプラスされることになるのだと思われます。

ちなみにアパレルだけではなくコスメの販売もしており、3か月で10億円売り上げたことからベストコスメアワード2021の受賞もされています。

ヒカルの収入源④ヘッドスパ「ReDoffy」

ヘッドスパ「ReDoffy」は2021年5月1日に渋谷に1号店をオープン。

ReDoffyの売上に関しての情報が得られなかったのでわかりません。

情報を得られたら追記していきます。

ヒカルの収入源⑤「ヒカルの買取鑑定団」

ヒカルの買取鑑定団は2021年からサービスを開始し郵送買取のみで展開中です。

YouTubeチャンネルでお金持ちの家に行って買取をするという企画の中で事業として発表されました。

こちらも利益に関しての発言は見当たりませんでしたので追加で情報があれば追記していきます。

ヒカルの総資産がすごい!

現時点(2022年9月)で5つの事業を展開してるヒカルさん。全体で年商50億とも発言されていますが総資産もすごいことになっています。

ヒカルさんの総資産についてもYouTubeチャンネル内で発言されており、その額なんとギリギリ100億くらいとのこと。

出典元:YouTube

ちなみに総資産10億以上を保有してる日本人は約3万人といわれているため、日本の人口の約0.025%にはいることになります。

『図解・富裕層ビジネス最前線』(中経出版)によれば、日本には10億円以上の資産を有する層は3万人いて、職業別の内訳は、経営者1万6900人、医者、歯科医8000人、優良企業役員1650人、著名人1590人・・・だ。

引用元:B-plus

資産100億というのはもう庶民からは考えられないくらいの金額ですね。

まとめ

ここまで稼いでいるのに月収は500万円で年収は6000万と以外な結果でした。

ただヒカルさんはもっと上げようと思えば上げられるが使わないと発言してることから、収益のほとんどは会社にいれたままなのだと思われます。

毎年のように新しいことにチャレンジしていくヒカルさん。今後も新たな事業などの情報が入ったら更新していきます。